マカ研究所

前へ
次へ

マカで免疫力向上

人の身体には元々免疫力というものが備わっています。免疫力とは、体内で発生したガン細胞や外部から侵入してきたウイルス・細菌などを撃退する自己防衛システムのことをいいます。免疫力が下がると、疲れやすくなる・体調を崩すなど身体に不調を起こします。
マカには、この免疫力を向上させる効果があるといわれています。なぜなら、マカにはアルギニンやグルタミンといった成分が含まれているからです。
アルギニンとグルタミンの2つのパワーにより、効率的に免疫力を向上させることが出来ます。
では、具体的に2つの成分にはどのような効果があるのかご説明します。

アルギニンが免疫力向上に効果的な理由

アルギニンとは、アミノ酸の一種であり、体内で生成できる非必須アミノ酸です。アルギニンには以下のような働きがあります。

成長ホルモンの分泌を助ける

アルギニンには成長ホルモンの分泌を助ける働きがあります。成長ホルモンには病気にかかりにくい身体を作る効果や、傷を治りやすくする効果があります。

免疫細胞の活性化

アルギニンは体内でマクロファージの活性化させる働きがあります。
マクロファージとは、体内に侵入してきた細胞やウイルスを食べる白血球の1つです。
マクロファージが活性化することで、免疫力の向上が期待できます。

疲労回復

アルギニンは血中アンモニア濃度を下げる働きがあります。アンモニアは運動したときに発生する疲労物質の1つで、これが血液中に増えると疲労を感じやすくなります。疲れを溜めていくと免疫力や抵抗力が下がってしまうため、なるべく溜めないようにしましょう。
アルギニンはアンモニアの増加を抑える効果があるため、疲労回復をサポートするのです。

グルタミンが免疫力向上に効果的な理由

グルタミンとは、体内に最も多く存在するアミノ酸の1つです。体内で必要なときに生成できる非必須アミノ酸ですが、日々の生活や運動などで大量に消費される為、体内で
合成される量だけでは不足してしまうといわれています。グルタミンの以下のような働きがあります。

成長ホルモン分泌促進

グルタミンを摂取することで成長ホルモンの分泌が促進されます。
前項でも書きましたが、成長ホルモンには病気にかかりにくい身体を作る効果や、傷を治りやすくする効果があるため、この成長ホルモンの分泌を促進することで免疫力向上へと繋がります。

免疫細胞のエネルギー源

グルタミンは、リンパ球やマクロファージ等の免疫細胞のエネルギー源となります。体内でのグルタミン濃度が高くなると、リンパ球の数が増加します。
結果、免疫力の増加に繋がります。

疲労回復

ストレスや運動などにより、体内のグルタミン濃度が減少することで疲労を感じやすくなり、免疫力や抵抗力が下がります。その為、運動後などにグルタミンを積極的に摂取することで
疲労回復に効果があるといわれています。

まとめ

マカで免疫力向上が期待できるのは、マカにアルギニンやグルタミンというアミノ酸が含まれているからです。
免疫力向上に効果的な成分を含むマカを積極的に摂って、いきいきとした毎日を過ごしましょう。

参考
マカを飲むだけで免疫力が強くなる。心にも効く秘密とは?
https://www.visitmarshallislands.com/travel.htm

ページのトップへ戻る